Diary

エステル×ベリータ激推し侍ジャック

Lv1000を迎えたことで、「間違いなく恩恵はあるけど果てしなく面倒くさい」系苦行に立ち向かう踏ん切りがつきました。

Lv1000を迎えたことで、「間違いなく恩恵はあるけど果てしなく面倒くさい」系苦行に立ち向かう踏ん切りがつきました。

REDSTONEはそんなのばかりじゃないか!と言われたら何も言い返す言葉がございません。
が、上記に挙げている苦行達は多くのプレイヤーさんに納得いただけると思います。私は億劫すぎて今まで逃げていました!

そんなミッションブックメインクエストシーズン2に挑んだ様子のレポートです。


進捗報告 - メインクエストシーズン2(長男)

メインクエストシーズン2は冒険家協会のシュルトを経由する形で新キャラクターのエステルを中心に物語が進行します。

2021-06-29-01.jpg


(画像右ピンク髪の子:エステル
このエステルが主人公にゾッコン(死語)な雰囲気で愛嬌が…というか、愛が重ためでとても良いです。好みです。見た目もカワイイ。

そんなこんなで大量に蓄えてあるプチポータル・スフィアーを小出しにしつつこの日に一気に進め始め……

ベリータゾナスなどさらに個性的な新キャラクターに興味をそそられながら……

ベリータエステルの関係に尊さを見出し……

最後のエピローグのスチルに大興奮のジャックさんでした。

なんと1日のうちにすべて完了。ところどころ休憩していたので大分ずれ込んでいますが、攻略時間は合計で12時間程度でした。
実装当初はバグ満載で満足に進めなかったと聞いていたので一筋縄ではいかぬと身構えていましたが、終わってみれば次章突入時の古都のイベントで毎チャプター必ずクライアントごと落とされること以外は、非常に順調な流れで攻略!

2021-06-29-02.jpg

そして周回突入の証であるREDSTONE粉砕機を入手しました。

メインクエストシーズン2の恩恵は、ステータスorスキルを伸ばせること!他の報酬なんてなかった、OK? 合わせて20回までですが、ステータスは1回あたり50ポイント、スキルは1回あたり1000ポイント(それぞれ10Lv分)貰うことができます。
また、回数が5の倍数の時にはさらにその5倍分(250ポイントと5000ポイント)が貰えます。

2021-06-29-03.jpg

長男は純武道でSPがそれほど必要ないので、20回分すべてステータスに充てる計画です。合計にすると1800ポイント!これは大きい!

が、このステータスorスキルは確率で失敗して報酬を貰えないことがあるため、最低で20週分が必要ということになります。
2021年の終わりまで残り28週ほど。年内に完了することを祈りましょう。そして毎週変異レッドストーン狩りを頑張るんだ、私!

(余談ですが、累計回数と取得済の報酬はステータス欄で性向値にフォーカスすると見ることができます。)

2021-06-29-04.jpg

総評としては、思いのほか楽しくプレイできたという印象です。
アーモンアスタロトビフロンニキアバルザロズ……かつて魔獣の壺開封祭りに参加した際よく見たモンスターが各章のボスから来ていることをようやく知りました!

純粋ビルドの長男の烈風で特に苦戦することもなくまとめてボコボコに出来ましたが、知識職は結構厳しい相手だそうです。

2021-06-29-05.jpg

ロシペルアイノ・ガスピルアンジーなどなど、シーズン1のキャラクターの再登場がありワクワクする展開も散りばめられています。
改めてロシペルは一度カルス達もエステル達も呼んで全員で囲って棒で殴るべきと思いました。

2021-06-29-06.jpg

それに時の森乾いたオアシスといった、400~800くらいまでの狩場がクエストのターゲットになっていて要所要所で思い出が頭を巡ってジーンと来ましたね。
個人的には存在が疑問だった疑問の森にもちゃっかり焦点が当たっているところに謎の笑いがこみ上げてしまいました。
そういった意味でも飽きずに攻略を進められて本当に良かったです。

ちなみに画像は昔神秘の洞窟B2の亀さんに散々ムシャムシャされた記憶がフラッシュバックしたJ氏の図。

2021-06-29-07.jpg

細かな配慮として、鞄を圧迫するクエスト品がほとんど出てこなかったのが嬉しかったです。 というより、これまでのREDSTONEなら絶対持たされていた細かいお使いアイテムがすべて「〇〇はインベントリに入りません。」と注釈文が入っていて感動しました。

全体的に、これまでの不満な点を解消しつつ、よく考えられているなと思いました。 なかなか楽しめましたし、皆さんもやりましょう、メインクエストシーズン2


進捗報告 - ミッションブック(長男)

2021-06-29-08.jpg

あとは申し訳程度にミッションブックの攻略を開始しました。
こちらは塵も積もれば山となる方式で、個々の報酬は微々たるものですが全クリ報酬が美味しいというものです。

一気に片付けよう!と思ってもすぐに完了させられないのがミッションブック!今後もあまり意識し過ぎない程度にちまちまと攻略します。


オマケ

これが安心と信頼のREDSTONEクオリティ。